襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

都内のレンタル自転車を利用してみた

f:id:andy0330:20150821141309j:plain

 

都内で赤いレンタル自転車を見かけることが増えた。

少し前までこういった自転車は借りたところで返さないといけないものだと思い込んでいたんだけど、どうやら同じ区域でならどこで返してもいいらしい。普通に街を歩いていても毎日必ず誰かが利用しているのを見かける。なになに、そんなに便利なの?とちょっと気になっていた。

 

そんなある日、僕は家と会社が5kmしか離れていなくて、普段はマイ自転車で通勤しているのだけれど、その日は朝から雨だった。それで仕方なしに電車に乗って(いつもうんざりするくらい混んでいる)会社に向かった。そして仕事を終えて夕方外に出ると雨が止んでいたのだ。「あー自転車があったらな...また電車に乗るの憂鬱だな」と思った矢先、レンタル自転車の存在を思い出した。

 

それで僕は最寄りのなんとかステーションという赤いレンタル自転車が大量に止まっているところまで行き、タッチパネル式の登録機を操作した。

 

f:id:andy0330:20160201130103j:plain

 

これがすごい代物で、クレジットカードさえあれば手順通りに操作していけば簡単に登録することができる。(確かスイカやパスモでもできるけど僕はその方法で登録していないので割愛する)5分ほどで登録が完了する。

 

よし、これで俺も赤い自転車族の仲間入りだ!

僕は颯爽とレンタル自転車の後ろについている端末にクレジットカードをかざし、30分の料金を払った。150円税別で30分超過するごとに150円追加される仕組みだったと思う。会社から家までは自転車で20分だから、160円の交通費ということになる。これは電車の運賃と同じ額だった。

自動で鍵が解除される。ガチャン!

 

f:id:andy0330:20170627232009j:plain

 

えっもう乗れるの?乗っていいの?

あまりのスマートさに、テクノロジーの素晴らしさにたじたじする。

 

普段スポーツタイプの自転車に乗り慣れているので癖で自転車を少し持ち上げてみる。そしたらむちゃくちゃ重い。ママチャリの1.5倍くらいの重さがある。よく見るとバッテリーのようなものがついている。「レンタル自転車って電動なのかよ!」と驚いた。

 

電動自転車にちゃんと乗るのは生まれて初めてだ。結構緊張する。

自転車に跨ってペダルを踏み込む。

うぉぉ、サドルが低い...一番高くなっているはずなんだけど男性だと結構サドルが低い。足の踏み込みに対して、確かにほんの少し「アシスト」されているような感じで力が加わるのがわかる。これがアシストか...。なんだか楽しくなってにやける。

やたら重心の低いレンタル自転車の操作に慣れてくると手元の操作スイッチに目がいった。左手の近くにマッサージチェアのリモコンのようなものがついていて、小さなモニターと細かなスイッチがいくつもついている。モニターには90%と書いてあって、ライトと電動アシストの電池残量をさしていることがわかる。モード切り替えを押すとその画面が現在の時速や残り利用可能距離が表示されたりして結構便利だ。

 

それからその脇には電動アシストを司るスイッチ群がついていて、「エコ」「標準」「強い」という3つの段階のボタンが用意されている。現在は標準になっている。どうしてこんな風に別れているのかがよくわからない。アシストしてくれるんだったらいつも「強い」にしとけばいいんだこんなの。えいやっと迷いなく「強い」を押す。時速40kmくらいに加速しちゃうんじゃないかという恐怖が一瞬頭をよぎったが、確か電動アシスト自転車がアシストしてくれるスピードの範囲は法律で上限が決められているのでそんなことには決してならないのだと思い出した。結局スピードはちっとも変わらず。時速25kmくらいをキープして漕ぎ続けた。

 

ほどなくして赤信号に捕まる。ブレーキをかけながら減速して止まる。

ブレーキもちゃんと聞いていい感じだ。乗り物をシェアするって不安な感じだったけど、少なくとも僕が乗った自転車は新品みたいに清潔でしっかり機能してくれた。

それにしてもこの自転車たぶん20kgくらい重さあるけど全然それを感じさせずにスムーズに走るよなぁ。あ、それがアシストの恩恵なのか。じゃあなんだ、アシストのために自転車が重くなって、それを解消するためにアシストがオンになっているのか?それってなんか堂々巡りというか、意味ないんじゃないか?

そんなことをごちゃごちゃ考えているうちに信号が青になった。

 

おっと思ってペダルに足をかけて軽く踏み込んだ。そうしたら「ぐいっ」と音が聞こえてきそうなくらいの加速Gが腰から胸にかけてかかった。びっくりした。自転車がまるで原付バイクみたいに急激に加速したのだ。どうやら電動アシストを「強い」にすると、ペダルひと踏みで時速20kmになるくらいのアシストが得られるらしい。この感覚はちょっと今までにないものだった。

 

それから坂に入る。斜度8%くらいある。今までと変わらない無理のない力でペダルをそよそよとふむ。それだけでアシストが力を貸してくれてグイグイ進む。どんな漕ぎ方をしても時速15kmから落ちようとしない。アシストすごい...!!でもちょっと怖いくらいの初速だ。そう、最初のひと踏みの加速が暴力的だった。これがちょっと危ないというかオーバースペック気味だからスイッチで段階が決められているのかもしれないな。

 

 

そんなこんなで楽しみながら家に近くにつき、イオンの前の専用駐輪場で自転車を返した。返すときは自転車の鍵をかけて「ENTER」ボタンを押すだけだ。モニターに「施錠」という表示が出た。返すときはクレジットカードすら不要だった。

すぐにメールが来て、自転車の返却済み通知をお知らせした。最後まですごい機能だと思った。

 

 

今回初めてレンタル自転車を活用したわけだけど、ちゃんとカゴもついているし、アシストの力がすごいからどんな服装でも好きなところにいける気がする。価格も安価だし、何より同じところに返さなくていいのが本当に気が楽で素晴らしい。

またぜひ利用したいと思った。

 

 

おしまい

マイアミのさざなみがずっと聞こえるんだ

お題「もう一度行きたい場所は?」

 

 

 

会社の人に聞いてみた

インターナショナルな感じの会社で働いている。一応デザイナーとして。

インターナショナルなのでイタリア人とかドイツ人とかインド人とかフィンランド人とか、いろんな人種が弊社で働いている。なので、こと外国がどうのという話をすると彼らにばかり目が行きがちだけれど、インターナショナルな会社であるということは単に外国人スタッフが多いだけではなく、日本人スタッフも英語に精通している方が多いということを意味している。

話を聞けば多くの方が実に様々な場所に留学に行っており、そういう中で今回のお題のような「もう一度行きたい場所は?」という話題を振ると「函館」とか「佐世保」みたいな返事はまず帰って来ず、「ポートランドでカフェ巡りは最高」とか「ベタだけどモントリオールの夜景はもう一度見たい」とかいった返事が返ってくる。「ベタだけどモントリオールの夜景」ってなんだよ。

 

だがしかし But!!

 

僕にはこういったとき専用の武器がある。「卒業旅行でアメリカ縦断」だ!

文字通りバックパックで2週間かけてボストンからマイアミキーウェストまで往復したんだけど、この時の経験はもちろんだけど、後にあってこういう海外のお話になった時についていけるのが後々ものすごく助かった。「自由の女神は行くだけで相当お金取られるよねー」みたいな話に相槌がうてるわけだ。

単純に話のネタにもなるしね。弊社だと「私はハワイで経済学を学んでたの。あなたは?」なんていう鼻につくような質問を言われても「日本の大学出てるけど卒業旅行でバックパックしてアメリカ縦断したよ」(=南の島でお高くとまってたYOUと違って自分の足で大陸を縦断したんだぜ)みたいな謎の対抗ができる。

できるとなんなの?って感じではあるけどね。

 

 

 

でね、本題だけど僕はとにかく「マイアミビーチにもう一度行きたい」です。

 

f:id:andy0330:20170624172508j:plain

 

願わくば好きなときにiPadかなんか鞄に突っ込んでマイアミにピューっといっちゃうような人になりたい。で昼はビーチでぽよよんとしてて、夕方はジンジャーエールを飲みながらiPadで仕事をするわけさ。(iPadで何をどうやって仕事をするのかまで構想が及んでない)

 

 

 

マイアミビーチ。

よく女子大生が卒業旅行でグアムかなんか行ってきて、「はぁ、今すぐにでも帰りたい」とか言って突然「第二の故郷宣言」するの許せないんだけど、でも僕はやはりマイアミに帰りたい。帰りたくなるほどの求心力。それがマイアミビーチだ。

 

3月でも夏の陽気。

毎晩スコールが降って、朝には降り止んでいる。

朝は洗濯された空気が太陽光を浴びてキラキラ光っている。

3月でも初夏の陽気。なのに湿度が低くてカラッとしている。

真っ青な空と海。人は少ない。

あたりは金持ちばかりで(マイアミビーチは富裕層の領域なので。離れたところに行ったり空港の方へ行くとまた違ってくる。マイアミは貧富の差が激しい州だ。)みんなビキニやポロシャツを着て優雅に自分たちの時間を過ごしている。

アジア人がいない。日本人なんかいないし、韓国人も中国人もいない。

僕はグレイハウンドという格安バスで9割黒人のマイアミ行きのバスに36時間揺られた時、人生で初めて"自分はアジア人なのだ"という意識を持った。

 

さざなみ。

すごく静かだ。

 

音だけじゃなくて、心をいたずらに刺激するものがない感じ。

 

andy0330.hatenablog.com

 

マイアミ帰りたいなー(笑)

自分がすごく耳が良いらしいということに最近気づいた

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

 

会社から家に帰ってまずやることといえば、屋上に上がることだ。

僕は築40年の木造住宅に住んでいる。床は傾いてるし地震の時はすごく大げさに揺れるこの家の決め手は「いつでも屋上に出られること」だった。

この季節の夜、雨の時間をやり過ごして屋上に出るととても気分がいい。

熱帯雨林のような濃い湿気をシャツに感じながら空を仰ぐと遠くの飛行機の音が聴こえる。それからどこかで鳴いている虫の「リッリッリ」という音も。低気圧に押し出されてゆく大気の音が空を覆っていて、それらが複雑に混ざって夏の到来の予感を感じさせる。

 

こういう話をすると、どうして毎晩屋上に出るのかとよく聞かれる。例えるなら、庭の作物の様子を眺めに行く感覚に似ている。「どんな具合かな」と気になって、毎晩屋上に出てきてしまう。毎晩一歩ずつ本物の夏がやってくるのがわかって胸が踊る。

 

そんな僕のちょっと変わった傾向は、どうやら僕の耳の良さに起因しているらしい。とは言っても、自分の耳が良いらしいとわかったのは本当に最近のことだ。みんなこのくらい聴こえているのだとずっと思っていた。

 

 

 

 

ある時、妹と新宿を歩いていた。

「新宿はうるさいから好きじゃない」というと、妹はそれを車の騒音や、たくさんの人の話し声のことだと思ったようで「でも今はうるさくないでしょう」と返した。でも僕は騒音や人の話し声ももちろんうるさいけれど、その時言っていたのはもっと全体的な音の流れのようなものについてだった。

 

新宿三丁目のあたりは最初から計画されて区画整理された地域ではないので、路地や建物がごちゃごちゃに建っている。そしてごちゃごちゃに建った建物の高さが壁のように高いせいで、空気や音の流れが乱れて無茶苦茶な音になっているのだ。例えば何もない原っぱで手を叩くと、その音はどこにも跳ねることなく(地面は原っぱなのでこれも反響しない)短く途切れる。逆に体育館やトンネルのようなところで手を叩くと四方から音が反射するのがわかる。

これが新宿だと、ランダムに歪んだ壁にテニスボールを投げつけるみたいに無責任な跳ね方をする。しかもやたらと建物が狭く生えているものだからボールは跳ね続けて、掻き乱れた音になる。そういうごちゃまぜの音を聞いていると次第に気分が悪くなってしまう。これと同じ現象が起きるのが地下鉄だ。

地下鉄は空気の流れが非常に特殊だし、音の逃げ場がどこにもないので長くいると気分が悪くなってしまう。悪酔いしてしまう感覚に近い。

 

僕は今閑静な住宅街に住んでいるので音の流れはすこぶる良い。

毎朝自転車に乗って外に出ると、タイヤのゴムの表面がアスファルトと摩擦する音が聞こえる。チェーンが歯車を上を流れて行く音も聞こえる。目の前を歩くサラリーマンの、足を踏み出すたびに擦れるスーツの音が聞こえる。通学中の子供の笑い声は隣の店のシャッターに反射する。それらが全部僕には聴こえているし、全部意識して聴こえている。

 

これから夏がやってくる。

蝉の鳴き声のシャワー。

 

僕はしっかり目をつぶって、それを好きなだけ浴びるだろう。

人の話し声も、室外機の音も、僕の靴音もかき消す音の洪水が今年も僕の街を満たすだろう。それを僕は毎日楽しみにして待っている。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

googleの音声入力だけで書いた記事がこちらになります

今回は今まで行ったことのない手法でブログ書いてみようと思います。

どういうことかというと実はこの文章は google の音声入力の機能を使って執筆されています。 つまり僕は一切キーボードに触れることなくただひたすら、だらだらしゃべることによってこの文章を入力しているということです。

 

まだ全然やり方に慣れていないので自然な文章にはならないかもしれないんですけどおいおい工夫しながらかけたらなーと思っています。またこの文章を書く段階で一度もキーボードに触れていませんただこのやり方だと句読点を入力することができないので後から「、」「。」だけは入力する必要があるのでそこだけ手直ししてからはてなブログに入れようと思っています。どうしてこの方法でブログを書こうと思ったかと言うと、単純にやり方としてもしこの文章の入力が可能であればキーボードに触れ必要がないので別にパソコン立ち上げなくてもタブレットでもスマートフォンでも長い文章を打つことが可能になるという点においてはすごい大きなアドバンテージだなと感じたのが一番の大きなポイントと、

あともう一つはキーボードで文字を打った時と口語調でしゃべって文字を入力した時だと文章にどのくらいの違いが発生するのか内容に差異が出るのかということについて僕は大きな興味を持っているのでそこについてもブログを書く上で検証できるのかなと考えました。

ただどうしても今はまだこの音声入力に慣れていないので不自然な文章になっているところは仕方がないと思います。

 

実際いま自分の部屋で一人で空うを眺めながらひたすらに意味のない言葉喋り続ける自分というものをなんとなく観察しながら気持ち悪いなーと思っているんですけど、実際ここまで喋ってきてかなりの文章が出来上がっていることに我ながらを取られています驚いたと言えば一番驚いたのはこの google 音声入力機能が僕の普通のしゃべるスピードについてきてるということですね。もっと老人が老人に話しかけるみたいにゆっくり喋らないと認識してくれないんじゃないかという心配がありましたがそんな心配は全然必要なくいつも友達と話しているくらいのスピード喋り続けてもこの文章が出来上がっていくの本当にすごいと思いました 。

 

後は現代人の傾向として執筆用の文章を読むよりも口語調の文章を例えばラノベだったりとか携帯小説のように普通に人が喋っているようなものをそのまま文章になってこんな形で書かれた文章の方がひょっとしたら読みやすいというのはあるのかもしれなって僕は普段当然キーボードで文字を打っているので文字を書くための文章で皆さんとこの文章を読んでいることになるんですけど今回初めて僕が喋った言葉をそのまま読むという体験を今していらっしゃると思うんですけどちょっとしたらそっちの方が読みやすい人たくさんいるかもしれないですね。僕の憶測では結構若い人の方が保護鳥を読みやすくて大人の方の方が飲食形が整っている方が読みやすいというに感じるではないかと勝手な仮説があるんですけどこれは書いていかないとわからないですね。先ほど書いた通り、というか、言った通り、こうやって文章書くのが初めてなので、

僕がこの音声入力によって文章を書くのに慣れてきたらどういう文章になるとかっていうのすごい興味深いと思います。

 

 

一人で喋るのも寂しくなってきたので今回はこの辺で 終わろうと思います。

おしまい

 

ブログを書くときは何も考えない

 

よーし、今日もブログ書くぞぉって思ってパソコンを開く。

今までどんなブロガーになるのか考えながら、下手くそな商品レビュー記事を書いたり、情報記事を書いたりしたこともあったけど、最近は実直に(?)エッセイを書こうという心算になっている。(今ココロヅモリと打ったら"心算"と変換されて「これココロヅモリって読むのかよッッ!」とむちゃくちゃ動揺した)

 

 

他の人がどんな風にブログを書き始めるのかわからないけれど、僕の場合主題も何も考えずに書き始めることが多い。例えば今日この記事を書いている時も「よーし、」と書いてたときにこの後どんな文章になるのかは全く予想がついていない。

そして、予想がついていない時の方が自分が納得のいく記事が書けることが多い。

この感触は親しい友人との雑談の感じに近い。「これからオチはこんな風にしつつこんな感じのことを話すぞ」なんて予測をつけながら喋ることはほとんどなくて、思いつくままに喋りたいことを喋る。そんな感じだ。

3年以上ブログを書いてきてこのやり方が一番しっくりくるのは僕が作家的というより詩的だからなのかな。いや、今の例えはいまいちだな。今のなし。

 

とにかくそういう具合でだらーっと書いた後にとりあえず公開する。公開した瞬間に誤字脱字とかのチェックをする。本来は公開する前にやる工程だと思うんだけど、僕は一度公開してからじゃないと緊張感を持ってチェックができない。後、公開してからちゃんとブログの形になったものを自分で見返すと読者の立場に立って文章を読むことができる。だから公開した後で「この構成あか〜ん!ちょっとタンマタンマ!」と思って慌てて非公開にしてから書き直すこともある。

何かを生み出す人って自分が作ったものを他人の目で見るのってすごくもとめられる技術だと思うんだけど、これってなかなか難しい。自分の子供や家族を完全に一人の人間として評価するのが困難なのと同じだ。

 

 

だいたいこのくらい書くと集中力が切れる。そうしたら一度一番冒頭まで戻って「何書いてきたっけな」と見直す。そうすると無意識にだらーっと書いていた文章がどういう方向に進んでいるのかが見えてくる。そう、僕は文章を書くときは頭を空っぽにして脳に浮かんだものを片っ端から書いているので方向性を自分で自覚することができない。だから途中で立ち止まって自分の文章を見直すことで方向性を「知る」必要がある。これは自分の肩を叩いて「ねえ、今日は何について文章書いてるの?」と訊ねるくらい奇妙な行為だと思う。

 

タイトルは最後に決める。

タイトルを最初に決める作家と最後に決める作家の数を集計したら、まあそんな集計はないのだけれど、半々くらいになるんじゃないかと勝手に思っている。多分決める作家が論理的で決めない作家が感性的な作家なんじゃないかな。僕の場合は先にタイトルを決めることも10回に1度くらいはあるけれど(だいたいそういうのは日記とか実際にあったことをひたすら書く記事であることが多い)先にタイトルを決めてしまうとどうしてもそのタイトルに引っ張られるというか、「途中で思いついたことをガンガン入れてしまったりして脱線して、それが悪くない」みたいな僕の文章の持ち味が活かされない。だからタイトルは最後に決める。最後に決めるっていうか、最後の方に決める。この記事で言えばまさに今考えている。オチを考えつつ(大抵は思いつかないのでオチなしで「おしまーい」とか適当に濁して逃げることが多い)タイトルを決める。頭とケツを最後にパチーンとはめて出来上がりだ。ちなみに今頭の中にあるタイトルは「僕のブログの書き方」とか「文章を書くときの頭の中」とかそういう具合だ。我ながらつまらんタイトルだ。もうちょっとひねれないものか。

 

で、そろそろ締めようと思うんだけどこのときにもう一度全体の文章を見渡して(読み直しているのではなくてボリュームを確かめている)想定していたよりもボリュームを足りない場合は文章を書き足す。ただこのまま続けて文章を書き足すと明らかに蛇足っぽい文章になってしまうので間に挟むことが多い。あとは意外に多いのは頭の方とかね。後から文章に肉付けすると文章全体の風通しが良くなって読みやすくなる。

ちなみにこの文章は一度も書き足しはなしだ。

 

うん、まあそんな感じですけど。オチは今回も思いつかなかったね。

 

 

おしまーい

ファミマとけものフレンズがミニコラボ

f:id:andy0330:20170613200934p:plain

 

たまたま情報を得ることができたので間に合ってよかったけどファミリーマートけものフレンズがミニコラボをしていて、対象商品2本でチャームが1つもらえるというキャンペーンをやっていた。

 

f:id:andy0330:20170613200247j:plain

その対象商品がなぜかヘパリーゼなんだよね。ヘパリーゼけものフレンズって一切関係ないと思うんだけどどうしてこの組み合わせになったんだろう。

そもそも僕は普段からしんどい時はモンスターを飲むし、眠い時は眠眠打破を飲むのでヘパリーゼにお世話になったことがない。どういうドリンクなのかもよくわかっていない。そんなよくわかっていない僕が2本もヘパリーゼを買うことになるんだからけものフレンズの経済効果はすごいと思った。

 

チャームを見てみるともうサーバルがいなくなってる。

そうだよね...サーバル可愛いもんね....。

 

f:id:andy0330:20170613200220j:plain

 

かばんちゃんも残り1つだったので迷わずかばんちゃんにした。

残りは全部残り具合は同じくらいだったかな...。もしかばんちゃんもなかったらハシビロコウにしていたと思う。全体的に人選は間違いないと思うけどはかせと助手も加えて欲しかった...。

それにしてもイベント初日でこの売れようだから2、3日で全部はけちゃうんじゃないかって不安になるなぁ。

 

f:id:andy0330:20170613201735p:plain

 

それでメルカリを開いて見たらこのザマだ。

どうして初日に全シリーズ集まって販売できるんだ。絶対転売じゃないですかやだー。

 

f:id:andy0330:20170613201859j:plain

 

サーバルのこの顔好き。

 

 

 

おしまい

10代の言葉が聞き取れない(20代会社員)

こないだ大江戸線の列車のシートに座ってたら

隣に男子高校生が2人座ってきた。それで仲良さげに談笑してるんだけど

中国語?みたいな感じだったんだ。音の感じが。早口でわーーって喋ってて隣で聞いてるのに何を喋ってるのかわからないから中国語なんだなーって軽く受け流した。

 

「ッサイそrなんギア?」

「かんなこrおyがはらって...らいけどtぶんなんギァぐら」

 

みたいなことをずっと喋っていて、ふとわかったんだ。

「これ..日本語だわ!!彼ら日本人だわ!」

ずっと聞いていると彼らの早口言葉が理解できてきて、「実際それ何ギガ?」「わかんない。これ親が払ってるからわからないけど7ギガくらい」というようなことを喋っているということがわかった。

 

 

早口すぎてわからなかったというよりはイントネーションが聞きなれない感じ。

どうしてそんなに早口で喋るのかと言えば、おそらく彼らのコミュニケーションのステージが完全にネットに移行したからなんだろうな。

最近メルカリにハマってるけどもうとにかく何でも早いの。1日発送しないと「まだですか?」なんて言われちゃったりする。つまりテクノロジーによってむしろ人と人が繋がらなくなってる?だって、20代が10代の会話を聞き取れないんだぜ?

 


りゅうちぇるが歌うミュージックビデオ!?歌詞に隠れた秘密は?

 

「えーそんなことないよ」って人はこないだ出たりゅうちぇるの曲で何喋ってるか理解できるか試してごらんよ.....。

 

 

 

 

眠くてまとまらん!おしまいー