襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

静かな映画館や電車で突然大声を出したくなるアレ

平穏な日々が続くと「なんかびっくりするような特別なこと起きないかな」と思う一方で、刺激的なことばかりが続くと「たまには平穏な日がないものか」と思う。 人間がわがままだったり「今の状態が常に不満なだけ」な訳ではなく、 要は精神的にバランスを取…

脱スマホとかいうパワーワード(後編)

後編を書きます! 前編では確か「脱スマホ」がパワーワードである根拠について、音の質感というあまり手垢のついていなさそうな観点から検証してみたんだ、確か。 結論としては「スマホ」という音がすっきりとしたスタイリッシュさと穏やかで安堵したような…

脱スマホとかいうパワーワード(前編)

最近みた単語の中でも非常に気に入っている言葉を紹介したい。 「脱スマホ」だ。 僕はこのパワーワードについて、意味性については後編に譲るとして、まず言葉としての音の響きについて思索したい。 そもそも、「スマホ」っていうのがすごく吸引力のある言葉…

給与明細 横から見るか 下から見るか

この記事タイトルの罪は二つある。 まず第一にタイトルが流行りに乗ろうとしている。 つい先日公開された「打ち上げ花火 下から見るか 横から見るか」という映画である。余談だけどそういえばこないだ「君の膵臓を食べたい」という映画と混ぜて「君の膵臓 横…

村上春樹が走る理由

村上春樹は誰でも知ってる世界的に有名な小説家だけど、優秀なマラソンランナーでもあるという話は知っている人と知らない人がいる。 しかも、「小説を書いていると運動不足になるから」といってランニングするような甘っちょろさではなく、トライアスロンも…

好きな人とばかり付き合って大丈夫なのか

好きな人とだけ付き合っていいのか このことに関して僕の中で最終的な結論は出ていないのだけれど、 とりあえず進捗として考えていることを書いておこうと思う。 小学校の時からある「島」意識 小学生のとき、クラスの中でも仲良しグループがいくつもあった…

完全食COMPが僕に与えた恩恵を4つ紹介する

僕は普段朝ごはんと夜ご飯をプロテイン的なもので済ませている。 シェイカーに粉と牛乳を入れて振って、 どろっとしたものを飲んでそれでおしまい。 厳密にはプロテインではない。 「完全食COMP」という"コンプリメント"だ。 要は、サプリメントみたいに足り…

耐久性のある文化に着目する

僕が「ダサいな」と思うセリフが2つある。 「人の名前を覚えるのが苦手なんだよね」と「AKBってどれも同じに見える」だ。 前者については、誰しも人の顔と名前を一致させるのは簡単なことではなく、簡単ではないけれども社会でうまくやっていくために頑張っ…

それ、会話のキャッチボールじゃなくてピッチングや

一方的な会話 長い話を聞いた。 それは自分の趣味の話からスポーツの話になり、それから自分の体型の話になり、それから健康の話になり、あ、なんの話だっけ?そうそう、スポーツの話じゃんって言ってスポーツの話に戻ったかと思いきや子供の頃の習い事の話…

なぜ引越しをすると消耗するのか

引越しという消耗戦 引越しが終わった夜、僕は10時間眠り続けた。この長い睡眠のせいで僕は友人とのツーリングの約束をすっぽかさなければならなかった。ものすごい疲労感だった。寝返りのために体を動かすことすらできないような....。心身ともに疲れると…

シェアハウスを出てシェアハウスに入りました

ついに引っ越しが終わった。 昨日、土曜日の10時から15時まで、5時間の引っ越しだった。 古い家と新しい家が7kmしか離れていなかったのでこの時間で終えることができたのと、あと荷物が多くはなかったから一人で終えることができた。前の家はご存知…

Nintendo switchを手に入れたときの話

スプラトゥーンの人気がすごい。 日本全国で任天堂ハードのスイッチが売り切れ、転売では3万円なのに6万円くらいで流通するほどの人気ぶりだった。この人気はひとえにスプラトゥーンというたった一つのソフトが起こしたムーブメントだと僕は思う。 だって、…

死んだように眠れ(メメントモリとは程遠く)

つい先ほど一時間くらい前に、突然、 眠くて眠くて、もう死ぬほど眠くなった。それで仕方がなくそのままベッドに倒れ込んで眠ることになった。僕は死んだように眠った。まるで調子の悪くなったパソコンが持ち主の意思関係なくシャットダウンするみたいに。 …

仕事の質が向上するたった1陣の風

昔mixiか何かでバトンってあったなぁ。確かmixiか何かで。 バトンっていうのはブログにおいて、とあるお題があって、それに対して自分なりに答えて、次は誰に答えて欲しいのかを最後に付け足すことで同じ質疑応答を次に紡ぐ、みたいな遊びだった。確か。 こ…

同じ穴のムジナ

同じ穴のムジナ 朝パッと起きた時に、「同じ穴のムジナ」って否定的なニュアンスを間違いなく含んでいるなと思った。ほんと、なんの脈絡もなく。それで歯を磨きながら「私も結婚する前教師だったんです。同じ穴のムジナですね」なんていうセリフを考えて、い…

コミュニケーションには3つの種類があるという話

僕が思うに、コミュニケーションには大きく分けて3つの種類がある。 それは僕の人との関わり方みたいな部分に密接に関わってくると思うのだけれど、なんだか今ならかけそうな気がするので書いておく。多分3部構成くらいで書けば終わる気がする。 コミュニ…

何かを所有することで、ひとは地上に一つずつ縛り付けらる。の解釈

物は、持つより捨てるほうがずっと楽だ。 たしかに、何かを所有することで、ひとは地上に一つずつ縛り付けられる。(江國香織/神様のボート)— ゆういち (@yuichi_gg) 2017年7月18日 ミニマリスト週間、最後の記事になります。 とりあえず僕が引越しをするに…

所有に関する僕の3箇条

僕はミニマリストではないし、なることもできまいと思う。 なにせものが好きだからな。お買い物も好きだし。 ただ、人よりも捨てるのは容赦ないタイプだと思うし、人よりかなりものは少ないと思う。具体的には持ち物は多分300個は切ってると思う。プチミニマ…

どうやらものを買っても幸せになれないが、ところで世界中がミニマリストになったら世界は滅びるのだろうか

以前書いた通り、引越しをすることになった。 andy0330.hatenablog.com 引越しの何が面倒って、当たり前だけど荷造りと荷ほどきだ。 自分の部屋を見渡してうんざりする。この部屋にやってきた時はこんなにものはなかった。本当に不思議なことだけれど、持ち…

人の人格は24歳で決まる

何かの文章で読んだので、全然責任を取れないのだけれど、それでもこの文章を書くことに意味を見出しているので書くのだ。 人の性格は24歳で決まる。 そのあとは、どんなにショックな出来事があろうが、素晴らしい啓示に出会おうが、骨格としての性格は変わ…

仕事に夢中じゃないとダメですか?

前に会社説明会をした時のこと。 デザイナー志望の学生を集めて、「我が社の先輩デザイナーはこんな仕事をしていますよ」という紹介をするような内容だった。それで、その時に喋るデザイナー3人が呼び出されて、うち1人が僕だったのだ。 それで、事前に自…

シェアハウスを出て行くことにした7つの理由

ごきげんよう。 話題に事欠かないシェアハウスを出ることになったので その辺りについてちょっと書いておきます。 新しいところはもう決まっていて、そこもシェアハウスなのだけれど、一応今住んでいるところの反省点を踏まえて選んだところなので次はもう少…

寝ている間に呼吸してない気がする

これはあくまで僕が僕自身の身に起きていることについて つらつら書くだけなので、例えば結果的に睡眠時無呼吸症候群の判断基準がわかったり、睡眠時無呼吸症候群の対処法がわかったりする記事ではない。 僕にできるのは自身が睡眠時無呼吸症候群的な症状で…

傘を持ち出すと嘘つきになる明日の為に

朝は晴れていたのに夕方以降になってどっと雨が降ることが最近あって。 会社に置き傘をしていないので会社の傘(社員が傘を忘れたときように、好きな時に持ち出していいレンタル傘)をさして帰った。 するとどうだ。 僕の部屋に返さないといけない傘が発生し…

もっとメガネを買おう

メガネを買うのが好きだ。好きなんだと思う。 人よりもメガネを買う頻度が多い気がする。一年に一度は買うと言えば人は「えーっ信じられない」と言ってのけぞる。多分彼らにとって(あるいはあなたにとって)メガネを毎年買うという行為は、冷蔵庫を毎年買い…

健康診断はスタンプラリーのように

昨日は健康診断で会社を休んだ。 スケジュールを切り詰めれば午後から出社することも出来ようが、バリウムと下剤を腹に忍ばせて出社したところで対して役に立つまい。トイレにこもっているうちに日が暮れるのがオチだ。 ちなみに僕は眼底検査の写真をみてす…

新宿は道に迷った外国人だらけ

「このparticular野郎が!」と彼らと別れた後で僕は僕を罵った。 若き日の福原愛選手のように自分の太ももに拳を何度も振り下ろして悔んだ。 15分前に話を遡る。 健康診断を無事終えて僕は都庁目の中央公園で英単語の学習に勤しんでいた。 すると通りの方に…

仲間に「混ぜて」は日本人特有の感覚

suminotiger.hatenadiary.jp このエントリーを読みました。 僕が子供の頃は「混ぜて」でした。 他の友達が遊んでいる既存の集団があって、そこに「混ざる」。 よくよく考えてみるとこれって面白い表現ですよね。俺たちはコーヒーと牛乳かよと。人間関係はい…

本日の同居外国人との英会話

22時、残業を終えて家に帰る。 すると家の前で英国人が煙草をふかしている。 うちのシェアハウスに住んでいる同居人である。 「お疲れ」と日本語で声をかけると向こうも手を上げてそれに応じる。 これ以降英語 『家には入れない』と英国人が言う。 『えっ鍵…

都内のレンタル自転車を利用してみた

都内で赤いレンタル自転車を見かけることが増えた。 少し前までこういった自転車は借りたところで返さないといけないものだと思い込んでいたんだけど、どうやら同じ区域でならどこで返してもいいらしい。普通に街を歩いていても毎日必ず誰かが利用しているの…