襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

ジブリのジグゾーパズルを組む②

f:id:andy0330:20131120090134j:plain

 

 

眼鏡が欲しくて仕方が無い。

 

最近はクラッシック調の眼鏡に興味があって、

興味があるといっても、「安堂ロイド」の木村拓哉を始めとして

クラッシック眼鏡は流行の兆しを見せているので、それに引っ張られているだけ

なのかもしれないけれど。

 

 

f:id:andy0330:20131120090615j:plain

 

f:id:andy0330:20131120090706j:plain

 

Zoffとのコラボ企画まである。

 

 

f:id:andy0330:20131120091551j:plain

 

眼鏡屋をまわってパンフレットをもらってはそれを眺めたり、

あげくそれを切り取って手帳にコラージュする始末。

 

 

 

 

そんなことより、パズルである。

正直いってガンプラのときと違って

パズルは実況するほどのものでもないし、

作業もかなり地味なので

実況にむいていない。

 

 

 

 

、と、さっき気付いたので

うまいこと別の話題をはさみつつやっていきたいところではある。

 

 

f:id:andy0330:20131120084614j:plain

 

「台所」のピースが完成した。

 

 

 

 

まごうことなき宮さんの字である(適当)

 

それにしてもやっていて痛感したのは

とにかく白いピースが多過ぎる

 

 

f:id:andy0330:20131120084055j:plain

 

 

 

外側のピースの白だけでもこんなにあって途方にくれてしまった。

むしろ、外側からつくるほうが大変なんじゃないかと思った。

なので、はじめは外側を完全に仕上げてから中を作って行こうと考えて

いたけれど作戦を変更して、塊ごとに仕上げてそれを組み合わせていく

作戦にすることに決定した。

 

 

f:id:andy0330:20131120084756j:plain

 

 

真っ白でないピースをそれとなくとなぎ止めてみた。

 

 

手が冷えた。

もうむり

 

 

 

今日もよくがんばった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする