襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

懐古シリーズ第四弾:チャーリーブラウンとは何だったのか

 

スヌーピーは漫画・アニメに出てくる犬の名前であって、

漫画のタイトルでもなければ主人公でもない。

漫画のタイトルは「ピーナッツ」だし、

ピーナッツの主人公は「チャーリーブラウン」だ。

 

f:id:andy0330:20131215011727j:plain

 

途中から登場した彼の犬があまりにも愛らしいので、

どんどんスヌーピーがレギュラーになってきて、

ついに主人公よりずっと有名で人気になってしまった。

 

 

 

 

そういう所も、本当に「彼」らしい。

そう、チャーリーブラウンはとことん駄目なやつだ。

何をするにも要領が悪くて、特徴もない。

彼が監督を務める野球チームは彼が試合に出ると必ず負ける。

 

 

 

重松清の短編でも「チャーリー」というお話があって、

父親から見た駄目な息子をチャーリーブラウンと重ね合わせて綴られていたりして。

日本でいうとまさしく「のび太」の立ち位置だ。

ただし、彼には犬はいてもドラえもんはいないのだ。

 

 

 

 

色んなことが上手くいかないので卑屈になって、あげくスヌーピーにさえ

良い所を持って行かれてしまうのである。(スヌーピーのピッチャーの腕前は凄い)

 

「どうして僕は他の子みたいに普通の犬が持てないんだ?」がお決まりの文句だ。

スヌーピーにもなかなか名前を覚えてもらえず、今でも「丸頭の子」としか認識されていない。もちろん彼ははげ頭ではなくて、綺麗な線の細い金髪なので省略されているとのこと。

 

f:id:andy0330:20131215013452j:plain

 

「ピーナッツ」の著者であるシュルツの親友の名前をそのまま使われていて、

あるときその親友であるチャーリーブラウンが警察に名前を尋ねられた際に

チャーリー・ブラウンです」と言ったら「馬鹿にするな!」と怒られたというエピソードまで残っている。

 

 

f:id:andy0330:20131215012740j:plain

現在六本木ではスヌーピー展が開催されている。

少しでもピーナッツが好きな人は必見だ。

キャラクターのことをうんと深く知ることができる。

上の写真は初期のチャーリーブラウンとスヌーピー

スヌーピー、昔はぜんぜんただの犬です(笑)

 

 

 

世の中には数えきれないほどのキャラクターがいて、

誰しも1つくらいはお気に入りのキャラクターやシリーズがあるのではないか。

そして、それが好きな理由っていうのは深くないのではないか。

なんとなく、可愛いから。好きだから、好き。それでいいとおもう。

理由を理屈で説明できてしまうものって、じつはたいしたことないのかも。

 

 

僕がスヌーピーを好きになったきっかけは、スヌーピーのある名言だ。

 

f:id:andy0330:20131215013118j:plain

 

今でも忘れない。「You play with the cards you're dealt.」

 

「配られたカードで勝負するしかないのさ。」

 

痺れた。これをビーグル犬が言っているのはなんだか重い。

 

この言葉は結構大切にしている。キツいときとかも、

「でもスヌーピーもああいってたじゃん...」って思い出すようにしてるよ。