襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

機嫌が悪い人の対処法

f:id:andy0330:20141023224026j:plain

 

 

いつもご機嫌に見える人、いつも不機嫌な人。

普段は温厚なのに簡単に不機嫌になる人。色んな人がいると思う。

 

 

僕は普段から温厚なつもりなのだけれど、たまに何の理由もなく(またはあまりに他愛もない理由で)機嫌が悪くなることがある。電車で口をあけてガムを噛む変態にあったり、人ごみの中に放り込まれたりしたとき。

 

 

不機嫌になってしまったら、とにかく何もしないに限る。

人に会う約束をとりつけない。細かい作業をしない。人とやたらと話さない。

サボテンになったような気分になって、じっと不機嫌が去るのを待つ。

 

 

犬や猫にも不機嫌なときはある。

子供を守っているときとか、食事中とかね。

 

慣れてる飼い主はとにかく"放っておく"。周りの人も、不機嫌な人を見かけたら「どうしたの」だなんて言わずに放っておけばいいんだ。不機嫌な人もそれを望んでいると思うな。

 

 

「怒っている人というのは、自分の状況を整理出来ていないと考えた方が良いわ。」

 

みたいなことを言ったのは小野ほりでいさんだったと思う。

全く持ってそうだなと思った。

 

整理出来ていないだけなんだから、何も当人は周りに害を振りまきたいわけではない。お昼ねをしたり、音楽をきいたり、お笑いをみたり、ご飯を食べたりすることによって頭の中の回路が冷却されて、緩和されていく。

 

周りの人はそれを遠巻きに待つだけで良いのだ。

That's all.

 

 

f:id:andy0330:20141023224042j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする