襟を立てた少年

まだ間に合う 世界は素晴らしい

伏線のはなし

 

「あンときおめぇがおいらが手先が器用だなんて褒めなかったらな、大工になんてなってねぇよ」と与六が苦笑いすると

「おいおい、人生ってのは伏線だらけだなぁ」と又兵衛は膝を叩いて笑った。

広告を非表示にする