襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

ガンプラ・ハイゴック③_スプレー

 

 

f:id:andy0330:20150302001108j:plain

 

 

前回の続きの要領でガンメタを吹く。

吹いていると距離とか適量が感覚でわかってくる。ちゃんと全ての角度に吹きかけないとむらになるし、それを丁寧にやっていると吹きすぎて液が垂れてきてしまう。

 

 

手でつまんでやるわけにはいかないので美大時代の友人Tくんの知恵を借りて綿棒を活用することに。これがなかなかはかどる。

 

 

f:id:andy0330:20150302003248j:plain

 

組んでいたパーツを分解してグレーのパーツを集める。

全て同じガンメタにしてしてしまわないとおかしなことになってしまうからだ。

今ではここまで分解しても説明書なしで元に復元できる自信がある。

 

 

f:id:andy0330:20150302002848j:plain

 

刺しては吹き付けるを繰り返す。けっこう量が多いので辛抱強くやる必要があった。

細かいパーツはうまく固定で来なかったので球体関節受けをマステで固定した。

 

 

f:id:andy0330:20150302012031j:plain

 

 

乾いてから組み直してみる。ボディーから覗く金属感がたまらない。

すると今度はもディーのプラスチック感が目立ってくる。

 

f:id:andy0330:20150302014015j:plain

 

こんな感じ。下半身はまだ未塗装なのでこれから作業。

というかまだまだ作業が山積している。

 

 

f:id:andy0330:20150302014034j:plain

 

ひたすら作業しただけあって覗く金属部分が良い味を出してくれている。

 

 

今日はここまで!