襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

4日目:リッチモンド




f:id:andy0330:20150313091006j:image

f:id:andy0330:20150313091022j:image

いよいよNYを出発する日がやってきた。朝4時に起きる。



f:id:andy0330:20150313091106j:image

朝食は昨日の残りのピザ。




f:id:andy0330:20150313091142j:image

朝はNYを出る準備をしていた。あれこれ整理して、それから30時間バスに乗るためにIpadkindle本を漁る。


f:id:andy0330:20150313091314j:image

それから43st8avにあるバススタンドへ行く。もうマンハッタンであれば地図がなくても場所がわかるようになっていた。




f:id:andy0330:20150313091451j:image


荷物の持ち込みなんだけど、キャリーケースとかこういうバッグはタグをつけてもらってバスの中にしまってもらう。

そしていよいよマイアミへ向けて30時間のバス移動が始まる。僕のとなりは極端に無愛想な女性だったけどむしろ気が楽だった。バスのなかではうとうとしたり伊坂幸太郎のマリアビートルを読んだりしていた。



f:id:andy0330:20150313091735j:image

だいたいグレイハウンドでは3時間に1度くらいで休憩がある。🅿🚗パーキングエリアみたいな処に停まるんだけど設備も整っていて利用しやすい。あるいは利用しやすいところだったのかもしれない。

f:id:andy0330:20150313091857j:image




f:id:andy0330:20150313091917j:image


f:id:andy0330:20150313091938j:image

昼飯。さらにバスで3時間揺られる。





f:id:andy0330:20150313092010j:image


リッチモンドに到着。
バス乗り換え。
何時間も揺られる。

ファイエットビル到着。
(片仮名で打つのが馬鹿馬鹿しい名前)
フェイエッビャッみたいな。


それから5時間揺られる。
オーランド到着。当初はここで降りて豪遊する予定だったんだけどお金持ちになったら来ることにしてパス。

バスはほぼ全員黒人で、やたら僕が目立つ。当たり前か。既にリッチモンドからアジア人が僕しかいなかったわけだから。

生まれてはじめてアジア人という自分を意識したかもしれない。

夜だけど気温15度くらい。

広告を非表示にする