襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

5日目:マイアミ


f:id:andy0330:20150313223742j:image

ニューヨークから長距離バスに乗り込んでもう少しで24時間になる。覚悟はしていたけど過酷だと思う。ちゃんと飯は食えないし体も動かせない。腰がいたい。



今はジャクソンビルにいる。
ということは昨日の夜のオーランドはうそっぱちということになるが……おかしいな、あそこはどこだったんだ。


車両の乗り換えが今まで2回あった。1回でもしくじると僕のいないバスがマイアミに向けて無情に出発するシステムになっている。もちろん荷物はバスに乗ったまま。




ジャクソンビルに降りると湿度がめちゃくちゃ高かった。呼吸が苦しいくらい。マイアミもこのくらい湿度が高いのかな。


NYのホテルに在留していたNY住日本人にマイアミに行くと言ったらすごく羨ましがられた。たぶんこっちで言う沖縄行くくらいの感じなのかもしれない。



帰りはせめて乗り換えのない列車(そんなのあるのか?)か飛行機がいいな。少なくともグレイハウンドで30時間はこの先5年は乗りたくないな。



f:id:andy0330:20150314014620j:image

12時頃今度こそオーランドに到着。舞浜駅のテンションの親子連れやカップルが目立つ。
オーランドはユニバとディズニーワールドあるからね。




f:id:andy0330:20150314014747j:image

やっと食事の形状を保ったものにありつく。何度も言うけど無駄にでかいので腹が一杯になる。




f:id:andy0330:20150314014851j:image 

座席は悪くなかった。足元が狭いのが厳しかったけど。

さらに乗り続けて16時。かれこれ29時間バスに乗っている。ハリウッドに到着。マイアミはすぐそこだ。


f:id:andy0330:20150314055107j:image

風が暖かい。じりじりとした暑さはないけれどニューヨークとは空気が違って完全に南国の空気を感じる。



f:id:andy0330:20150314093423j:image

マイアミ空港前にぽいっと置いてかれたあとの「どうすればいいの」感が伝わるだろうか。バックパックを背負ってとぼとぼ歩く。



f:id:andy0330:20150314093600j:image

このノーヒントさ逆に気持ちいい。みんなシャツ一枚で歩いている。それから言語がまちまち。マイアミだとスペイン語しか話せない人も多いらしい。イタリア人も見た。



f:id:andy0330:20150314093724j:image
バススタンド発見!

f:id:andy0330:20150314093743j:image

この中のJに乗ればホテルの住所付近に行ける気がする。もちろん時刻表なんてないからひたすら待つ。15分後にJラインバスがやってきた。



f:id:andy0330:20150314093855j:image

バスの中はかなり冷房が強い。運転も激しい。1ドル75セントなんだけど5ドルしかないって言ったら「もういい乗れ」って言われた。


実際マイアミ空港からマイアミビーチまで15km以上あるはずなんだ。タクシーに乗れば楽だろうが相当金がかかる。


バックパック旅行において、電車とバスを使ってある地点を目指すのはゴルフに似ている。まずグレイハウンドみたいなので大きめに飛ばして、次にバスでグリーンに乗せる。最後に徒歩かタクシーでゴールまで行くわけだ。僕の場合は結局雨が降ってきてバスを降りてからはタクシーでホテルに行った。
5ドルだった。




f:id:andy0330:20150314094311j:image

ホテルつっても僕はドミトリーなので大きな一部屋に二段ベッドが4つ並べられている。
チェックインを済ませて中にはいると若い女が4人くらい薄着でたむろしてた。音楽流したり髪を乾かしたり。僕とタメくらいかなあ?


ガタイマックスの黒人じゃなくて良かったけどこれはこれで目のやり場に困る。荷物をロッカーにしまって外を散策。


でも30時間バスに乗ってて体はガタガタなんだ。


f:id:andy0330:20150314094625j:image

近くに色々あった。カフェとかサブウェイとか。僕が心配してたようなバスケットボールいじってる黒人の群れとかマリファナ売りとかカツアゲの現場とかなかった安心。




f:id:andy0330:20150314094740j:image

夜ご飯はサブウェイ。野菜たっぷりのやつ。ほんとにろくなもの食べてなかったから胃が幸せだった。


腹を満たしてホテルに戻る。
この部屋女多すぎ!!!

広告を非表示にする