襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

フジロックフェスティバル2015 2日目



8時起床。
あと二人も同じ時間で起きた。
6時間くらいでポンと起きちゃうのは社会人の習慣か何か。

やたらと体が重い。20キロのコンクリを背負って起き上がる感じ。完全に体調を崩していた。前にやったことあるけど多分これ逆流性食道炎


風呂に入ってまた布団に潜り込む。10時に出発だったんだけどパスして結局15時まで横になってた。



「もったいないやろもったいないやろ」つて体にムチうって起きる。宿から越後湯沢駅まで車で5分、越後湯沢駅からフジロック会場までシャトルバスで40分。ちなみにシャトルバスは500円かかります。



グリーンステージに着いて後ろの方でヘリノックスを設置して腰を下ろす。ちょうど星野源が始まるところでラッキーだったよ。



f:id:andy0330:20150725215442j:image

そのうち空が燃えてきて。
初日も2日目も雨がふらないけど太陽もほとんど出なくて最高に過ごしやすかった。太陽出たら出たで夏フェス!っていう盛り上がりだったと思うけどね。


空が綺麗だとみんな一斉にケータイ構えてて夏フェスってなんだか「みんな」っていう感覚を強く感じるみたい。





f:id:andy0330:20150725215627j:image

星野源が終わってからうどんを食べた。先輩が言ってたとおり飯も夏フェスの醍醐味だ。あらゆる国のあらゆる食べ物があって、なんでも揃ってる。迷ってたら決められないくらいだ。




f:id:andy0330:20150725215739j:image


やっぱり夜になると寒い苗場。
20時くらいにホワイトステージに行ってクラムボンききにいってもうそれもめちゃくちゃ良かったんだけど(帰ったらCD借りよっと)
発熱してるのとフラフラしてるのとでミューズを背に帰った。ダフ屋をかわしてシャトルバスへ。帰ったら23時くらいだろうか。


明日は帰るための日なので今日がフジロックの最高だ。星野源が言ってたけど「日曜終わったらまた仕事なんだろ!」だ。


夏フェスのお陰で夏が始まった気がする!





広告を非表示にする