読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

文章でしかできないこと(2)

 

わすれたころにやってくる、だいにだんです。

 

とはいえこんかいはくとうてんをつかえるのでいくらかきぶんはらくです...が!もうばればれだとおもうけどこんかいはすべてひらがなひょうきでぶんしょうをかいております。いやはやこれもこれでよみにくいったらないね。

よみにくさでいったらくとうてんのかいといいしょうぶかもしれない。

 

ぶんしょうでしかできないことなどとかいたけれどふだんぼくたちがこうとうでしゃべっていることばはかんじとかにへんかんされていないのでこのきじのようにふらっとにぶんしょうがこうせいされているわけだけど、こうとうのばあいはいんとねーしょんがあるのでかんじやかたかながかしかされていなくてもいみをくみとることができるわけだな。

 

ひらがなにするとなんかのうみそとけそうというか、ちょっとやばいくすりやったひとみたいなぶんしょうにおもわれそうでこわいよね。しょうがくせいがいたずらでうったぶんしょうみたい。

 

それからすべてひらがなにするととうぜんかんじをしようしたばあいとくらべてもじすうがふえるわけだな。そうするとよけいにぶんしょうはだらだらつづくことになるし、よんでもらえるかくりつはどんどんさがっていくことになる。ひゃくがいあっていちりなしということだ。

 

たしかだいにじせかいたいせんごだったか、ひらがなかんじかたかなをすべてはいししてこんごはろーまじだけでとういつしていんたーなしょなるにいこうみたいなほうあんがでたこともあったけどけっきょくきゃっかになったんだよな。「honnjitsuhaseitennnari」っていうのがくにのせいしきなことばになるところだったわけ。じょうだんじゃないよね。

 

そろそろひらがなばっかりうってほんとうにのうみそがとけそうなのでこんかいはこのへんでよすことにする。ちょうどれいじになってねるじかんだし、いいころあいだ。

 

おやすみなさい