読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

ブログというビッグデータ〜自身のブログを使ったライフハック

f:id:andy0330:20151105235559p:plain

 

最近面白いと思ったのは、はてなブログに標準搭載されている「ブログ内検索」窓。

ここにキーワードを入力すると、タイトルだけじゃなくて文中からもそのキーワードを拾って記事の一覧を表示してくれる。

 

これは考えようによっては画期的だと思った。

Evernoteのタグ付けを活用してこういうことをしている人を見たことがあるけれど、

要するに「自分が今まで思いついたことすべて」からキーワードで思想をすくい上げることができるということだ。

 

つまり自身のブログをビッグデータとして考える。

 

 

具体的に説明すると...

 

 

例えば「猫」について。

僕が猫についてどう考えている/考えていたのかについて調べるとき、

検索窓に「猫」と打ち込んでみる。

 

f:id:andy0330:20151106000003p:plain

 

なんと18個の記事がヒットした。

 

andy0330.hatenablog.com

 

andy0330.hatenablog.com

 

 

andy0330.hatenablog.com

 

 

中でもちゃんと猫に関連したことを書いたのはこの3つかな。猫を飼うことについて語っていることが複数回あったのがおどろきだった。

 

 

次に「恋愛」で検索。27件がヒット!(すごい!)

 

 

andy0330.hatenablog.com

 

 

andy0330.hatenablog.com

 

 

自分の恋愛観を恥ずかしげもなく語ったもの

 

 

andy0330.hatenablog.com

 

高校生への小言

 

 

andy0330.hatenablog.com

 

 

ちっとも覚えていない記事が出てきたりして困ってしまったりもする。

読み返してみると、自分の"それ"に対する考えが浮かび上がってきて、自身の発想・思考・哲学が客観的に見えてきて非常に面白い。

 

 

ここで恐ろしいのは、この"ビックデータ検索"って誰のブログでもできてしまうということ。だから気になっている人の検索窓から"仕事""友達""恋愛"とか、主要なワードを調べていけば、その人がどういうことを考えているのかが(ある意味)その人以上にわかってしまうのではないか。そう考えるとちょっと怖い気もする。

ブログは基本は誰でも閲覧できるようになっている、公園のような領域だけれど、見方によってはその人のプライバシーに関わってくる重要な個人情報なのではないか。

 

 

そんなことも考えてしまった。

 

 

おしまい!