読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

タイムマシンください

 

ロードバイクを初めて8か月が経った。

走行距離は1600kmくらい。

 

1000kmになった瞬間は江の島だったのを今でも覚えている。なーんかやたら嬉しかったな。ちなみに1600kmは東京からロシアのカムチャッカ半島までの距離というので、シロートなりによく走ってきたと思う。

 

去年はファンライドとはいえツールド千葉で3日間250kmを完走。

今年は幕張新都心耐久エンデューロを完走。(1月なのであほみたいに寒かった)

 

ヤビツ峠50分切りの目標はまだ叶わず。というか、ロードバイクでやりたいことはまだまだある。

 

 

 

その中にトライアスロンがある。

正確にはトライアスロンのオリンピック級というもので、確か1.5km水泳40kmバイク10kmランのレースだったと思う。確か。

 

 

あ、しゃべる順番間違えたけど今回はTTマシンがほしいなっていう話だったんだけど。

 

 


f:id:andy0330:20160218213417j:image

 

にこたまのワイズロードでbmcのTTバイクが売られててもう本当にほしくて。自由にしていい金があったら間違いなくこれを買ってると思う。

bmcのタイムマシン。タイムマシンっていう名前の自転車。

 

友人によるとある程度ロードバイクをやっていると誰しもTTマシンがほしくなる時期がやってくるのだそうだ。ほんとかよ、それ。

 

確かに超かっこいいし速く走れるんだろうが、平地でしか使えないし高級品で当然駐輪もできないし(鍵かけても離れたくないな)不便極まりない。とにかく使用範囲が限られすぎている。

 

タイムマシン。

 

過去や未来にタイムスリップできるわけではないが、より速いタイムでゴールテープを切ることができるということはある意味時間旅行なのかもしれない。お、いいこと言った気がする。

TTマシンの空力に特化した形は通常のロードとはまた違う魅力があると思うんだけど、真剣に購入を検討するわけでもなく僕は勝手にその魅力に酔いしれている。

 

仲間内ではもし二台目を持つとしたら…という話題がよく出るけれど、正直僕が今一番ほしいのはbmcのタイムマシンですね。

 


f:id:andy0330:20160218213424j:image

 

そして24万の自転車を見て「うわ安い!」と本気で思うようになってしまったあたり僕はもう一般人ではないのかもしれない。(それにしても安いね)

 

 

 

 

広告を非表示にする