襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

トライアスロンを走り終えて、僕の3つの選択肢

 

 

無事木更津トライアスロンを走り終えた今。

とにかく公式のカメラマンさんが撮ってくれた写真が楽しみで楽しみで

仕事中も午前午後で二回公式サイトをチェックしてしまうほど。

 

 

f:id:andy0330:20160827231805j:plain

 

 

↑こんな綺麗にもし自分が撮ってもらえたら....

たしか1枚3200円くらいするけど買っちゃうかも..。

 

良い感じのが撮れていたらここでもあげますね。

 

 

 

人生初のトライアスロンを終えて4日が経った。

全身の軽い筋肉痛も過ぎ去るといつも通りの日常で、今でも「本当に完走したのか」と思ってしまったりする。それでも机の上にある生まれて初めてもらったメダルを見ると海と、滑走路と、最後のランがフラッシュバックしてきて過ぎ去った達成感が盛り返してくる。

 

f:id:andy0330:20160828224910j:plain

 

陸上自衛隊駐屯基地でやってるだけあってメダルも自衛隊っぽくて素敵。)

 

 

それで、トライアスロンが終わった翌々日にはランニングが再開されて、今日にはまたプールで1km泳いできた。もうトライアスロンは終わってしまったのに、1年間のトレーニングは習慣として残ってしまったみたいだった。

 

そこで、僕の今後の進路は大きく分けて3つある。

 

 

①マラソンランナー

f:id:andy0330:20160828122530j:plain

実は東京マラソンもう応募しちゃってるんですよね。

ランはなんだかんだ一番続けている運動だし、たぶん一番好きなんだと思う。それに陸上部だったくせにフルマラソンは走ったことがないので是非走ってみたい。

今年はエントリーが終わってしまったけどアクアラインフルマラソンがすごく気になっている。

 

 

 

ロードバイク

f:id:andy0330:20160828094917j:plain

 

去年ロードバイクを買って、今年はいろんなイベントやレースに出ることができた。

中でも印象的なのは東京ヒルクライムの成木ステージと、富士山5号目までの24kmをひたすら登り続ける富士ヒルクライムだ。両方とも本当に楽しいレースだったし、次は狙うぞ!という目標があるので是非来年もチャレンジしたい。

ただ、こういうレースで表彰台とかリザルトを目指すなら間口を広げずに自転車に集中してやるべきだっていう考え方もある。

 

現に僕が所属している仲間うちのチーム(名前すらない)では全員ロードバイクがメインで、例えばたまにはテニスをやるとか、ボルダリングをやるとか、そういう話は全然きかない。自転車一本で趣味を楽しんでいるのだ。

確かに趣味は少ない方がきっちりお金と時間をかけられるので濃密に楽しむことができる、といわれれば言い返すことができない。

 

 

トライアスリート

f:id:andy0330:20160828074339j:plain

 

ほんとうのところ、トライアスロンの会場へ向かう道すがら「これで最初で最後だ」と思っていた。やっぱり水泳と自転車とランニングを同時にやるのってどう考えても頭おかしいし、トレーニングの時間とか、かかる費用とか馬鹿にならないじゃないですか。

ランシューズ、水着、ウエットスーツ、ロードバイクあるいはTTバイク、ビンディングシューズ.....上げ出して終えばきりがない。ホリエモンとか、そういう社会的に成功を収めた人が経営とか関係ないところで自己実現欲を満たすためにやるんじゃないの、くらいのひねくれた考え方をしていなかったわけでもない。

 

でもトライアスロンを走り終えて思った。これはちょっと面白いかもしれないと。

次から次へとトランジションエリアで変身して、全く別の筋肉で進むのがワクワクするし、水泳が苦手なら自転車で追い抜いてやればいい、みたいな戦略も楽しい。自転車だったらやっぱり平坦ばっかりだったらスプリンターが勝つし、ヒルクライムならクライマーが勝つに決まっている。

でもトライアスロンは総合勝負だ。自分が得意なところを伸ばして戦えばいい。

 

こういう考えをもつきっかけは僕のトライアスロンの順位なんだけど、水泳のときは194/199位だったのに、最終的なリザルトは68/199人だったのだ!

するとバイクとランで120人以上の人を追い抜いたことになる。それが面白い!と思うようにななったきっかけだ。

 

 

そして何より僕はトライアスロンのオリンピックディスタンスを走っていない。

スプリントでは本当はトライアスリートとは言えないのではないか。だって、ハーフマラソンを完走して「おれマラソンランナーなんだよね」って触れ回ってる人がいたらパンチするでしょ。本物になるなら。やっぱりトライアスロンを続けて、オリンピックディスタンスにチャレンジするべきだと自分で思う。

 

 

 

 

f:id:andy0330:20160827234027j:plain

 

以上3つが頭の中でぐるぐるしている。が、結局僕はきっと3つ全部を選択して、マラソンをしたり自転車レースに出たりしながら遠くのトライアスロン大会を目指してトレーニングを続けていくんじゃないかと思っている。

 

ちょうど会社で知り合ったトライアスリート(外国人)から外国人チーム(ただの練習仲間)にスカウト(練習一緒にしない?って誘われただけ)されたところなので、それに参加してみたいと思う。そしたらまたこちらで報告しますね〜。

 

 

はやく木更津トライアスロンの写真アップされないかなぁ...