読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

師範代にブログタイトルを書いて戴いたはなし

 

f:id:andy0330:20161016214743j:plain

 

じゃーーん!!

ご覧ください!

 

 

 

 

箔が付きました!

 

 

 

 

大学時代の先輩にお願いして、当ブログの看板でもある「襟を立てた少年」の文字を毛筆で書いて戴きました...!!(当然微額のお礼はお支払いする予定です)

 

こちら作品の用途としては

①ブログタイトル・宣伝・告知などブログの「顔」としての活用

②ブログ以外でも個人的なトライアスロン・自転車レース出場時に着るジャージ・Tシャツ

といった感じです。

 

一つ目はこうしてすぐにでも活用させて頂くとして、二つ目は服のデザインレイアウトを練らないといけないのでもう少し時間がかかりそう。

 

 

 

 

 

 

作品を書き上げてもらう前に、どういう感じに仕上げて欲しいかをお伝えしました。

大河ドラマの「龍馬伝」や「花燃ゆ」のような力強く、型を崩したような字に憧れていたのでその画像を見てもらったり...あとは「襟」というのは大きく強く、「少年」は少しか弱いイメージで、それから文字のレイアウトは縦っぽいのと円に収まるようなのと2パターンお願いしますなどとあれこれ依頼をしてしまいました。(やり取りは全部ラインにて)

 

f:id:andy0330:20161016214754j:plain

 

普段はデザイナーとしてクライアントの要望をあれこれ聞いているので、逆の立場になるとはすごく不思議な感じ。本来であればプロの先輩に対してこちらは正真正銘のシロートであり、プロの仕業にあれこれ言える立場にないのだけれど、やはり普段からクライアントとやり取りしている僕としてはある程度要望を聞いたほうが仕事はやりやすい。そう考えた次第です。

 

師範はサンプルとしていくつか画像を送ってくれ、それに対して僕からさらにもっとこうしたいとかこっちのが好きですとか答えたり注文をつけたりしました。

結局それから師範は成果物として何枚も画像を送ってくれて、それに対して「この2つのうちで迷いましたがこちらに決めました!こちらを送っていただければ」とお伝えすると「実際に見て決めてほしいから」ということで2枚をゆうぱっくで送ってくれた。

それから吟味して冒頭手前の写真に決めました!

本当に素敵な作品をありがとうございまいた!

 

この文字はこれからスキャンしてリサイズしたのち様々な媒体で活用していく予定です。

広告を非表示にする