襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

バランスボールで仕事することに。今のところ怒られてない

 

 

 

弊社のデザイナー陣にとって、椅子は死活問題だ。

 

 

 

なにせ営業と違い、我々デザイナーはずっとずっと座ったまま仕事をするのだ。

どこにも出かけずにデスクワークオンリーという日の方が多い。

 

それで僕はバランスボールを取り入れることに決めた。

会社のある人がバランスボールに座って仕事をしているのを見て「えっそれいいんですか?」って聞いたら「逆に何が…だめなんでしょう」と聞き返され、「いやなんか景観的に...でもいいか確かに」と思ってしまった。

それでその足で自分の部署に戻り、上司に「おれもあれやりたいです」と言ったら「いいよ」と言うので「本当にやりますよ?」と念押ししたら「地味なのにしてね」と許可をもらった次第だ。

 

 

 

 

 

Amazonベーシック バランスボール 65cm ハンドポンプ付

Amazonベーシック バランスボール 65cm ハンドポンプ付

 

 

地味なのにしました。

 

 

それで、こいつは手元にあるので来週頭からこれで仕事をする予定なんだけど、先週の金曜日にさっきのバランスボールの持ち主が貸してくれたので、金曜日はお試しで1日バランスボールで仕事をしていた。

 

やはり来る営業が「えっそれいいの」って聞いてくる。

いいも悪いも、悪いならデザイナーの腰が痛くならないような椅子を会社で購入してくださいよ!そこ出し渋ってるから!こっちは!

アンチテーゼのバランスボールなんだこっちは!!

 

 

 

www.j-cast.com

 

 

menzine.jp

 

 

でも取り入れてる企業もあるみたいね。

とにかく見た目がやっぱりちょっと「必死に働いている勤労会社員」っていう感じがしないのがネックだけど、別に頑張る姿を見せるために会社にきてるわけじゃないし。だったら「あんまり結果だしてないけど頑張ってて評価高いやつ」より「結果出してるけど頑張ってるように見えなくて評価いまいちのやつ」でいいやと思ってしまう。

努力ってう○こと同じだから、人に見せるのってみっともないと思うの。それの延長線上の、つまり

アンチテーゼとしてのバランスボールだ!

 

ぼむんぼむんってやりながら繁忙期の殺伐とした空気を切り裂きながら結果を出して見せるぜ。ちなみに金曜日1日使っての感想だけど、確かに腰への直接的な負担は減ったかなという感じ。調べてみるとバランスボールに座って仕事をした場合、同じ姿勢が続いて結局腰に悪いのではという意見もあったが、バランスボールは椅子よりもいろいろな角度で座ることができるので(あぐらだってかけちゃう)逆に腰への負担は分散された印象が強い。また、常に微弱のバランスを取り続けているせいか腰の筋肉がけっこう疲れた。体幹が鍛えらえれているのかもしれない!

 

月曜日から本格導入してみて、役員に怒られないか観察してみようと思います。

役員に怒られたら「新しい椅子買ってくれないとこのバランスボールからは降りないぞ!」と立てこもてやりたいです。バランスボールに。立てこもりで。

 

 

 

おしまい