襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

今日残業して明日休むか、明日出社して今日定時退社するか

代休が死にました

 

死因:情緒不安

明日金曜日の代休を死守するつもりだった。代休っていうのはつまり、こないだの日曜日に合同説明会の企業側スタッフとしてあくせく働いて「うちの会社こんなところが素晴らしいよ!」「デザイナー!楽しい!」という宣伝活動をすごく明るく朗らかにこなして、そしてその対価として僕は金曜日の代休を上司に要求し、獲得した。

というと何だか勝ち取ったような言い方だけれど実際には上司に「早く代休取れよ」と言われたので「じゃあ金曜日にとります」と言ったら「もっと早く取れないの」と言うので「天気予報的にアグリーできないです」といって結局金曜日になった。代休が。

前提として今会社が繁忙期で、ただでさえバタバタしてる中で僕はまた別の案件を3つもってて、空間デザインが仕事だから要するにデザインした空間が現場で施工されてお店みたいな感じで建つ(ぼかして伝えるの難しい)わけなんだけど、その施工日と代休の日が被ったのが悲劇の始まりなんだよね。

 

あばれる現場

施工日って言ったらもう施工日で、もう色んな業者が僕の図面を握りしめて「ああしよう」「こうしよう」と話し合ってる段階なんで、この時期にじたばたしてるのがおかしいんだけどこの案件毎年やって毎年半端ないフラストレーションを感じてるだけあってすげえぎりぎりまでじたばたする。明日施工日なのに「やっぱデザインこうしたいです」って平気で仕様変更くるし、施工日前日にこんなにどたばたしてて俺明日休んで大丈夫なのかよっていう不安が頭をもたげてきたわけだ。

それで結局18時になって、まあ一応は全部さばいて、図面も直したし発注もやり直して業者にも頭下げて工場にも電話したし最低限なんとかなるでしょ、と思いながら、こんなフルマラソンしながら速攻で書いた設計図でほんとに完全な現場が実現するのか?ほんとか?って不安になってきちゃって、明日何もなければいいけど勘だと絶対何か起こる気配を感じるのでどうにかしなきゃと思った。

 

究極の二択

そこで僕が僕に与えた選択肢は2つで、①今日残業して明日休む②今日定時退社して明日出勤する の2つにひとつだったんだよね。で、今日速攻で帰って明日の代休を諦め、出勤することに決めた。決め手はやっぱり「こんな不安な状況で休んでも休まらない」という一言に尽きるわ。休みっていうのは仕事から体を遠ざけて心身ともに回復を試みる動作なので、仕事が心配なまま会社に行かなければこれはこれで逆に疲れてしまうんじゃないかとおもうわけだ。休みは休みでちゃんと楽しみたいので、とにかく明日は諦めて出社することにして今日帰って体を休めようぜっていうのが僕の辿り着いた結論だ。

 

今日は酒飲んで寝ます

僕はだいたい天気予報を見ながら休む日を決めるので今回の代休は持ち越してどこか思いっきり天気のいい小春日和に代休消化するから覚悟しろよーと意気込んでるところだよ。とにかく大型案件よ、安らかに眠れ。R.I.P

 

 

 

 

 

広告を非表示にする