襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

メルカリで自分のドローイング集を売ってみた

f:id:andy0330:20170530225059p:plain

 

出来心出来心。できごころっていうか魔が差したに近いんだけど、

自分のドローイング集をメルカリで出品してみた。

 

これは自分のスケッチに価値があると信じて出品したわけでは決してなく、「人の手帳の中身って気になるよね」という人間心理を巧みに利用した市場戦略です←

デザイナーが実際に仕事で描いたドローイングなんて面白そうじゃないですか。僕だったら買いたいな。6万円だったら死んでも買わないけど。でももし僕が暇を持て余した大金持ちだったら買うかもしれない。豪遊にも飽きて、かといって絵画を集める趣味もないんだけど、人の描いたお絵かきには興味がある。「どれどれちょっと見せてよ」くらいの気持ちで買ってくれないかなあ。

そんな大金持ちはそもそもメルカリやってないか。でもメルカリやってないにしてもこのブログを読んでる可能性はあるはずなので、このブログを読んでいる大金持ちが「どれどれちょっと見せてよ」と言ってくれる可能性にかけて僕はこうしてブログを書いている。とにかく、このふざけた出品を成功させるために。

 

あるいはもう少しストーリー性をつけて「このポートフォリオを買うと私が新しいmacbookを買います」とか「私が新しいデザインの本を買うことができます」といった人の心につけ込むか。あまりうまくいくとも思えないが。

 

価格を60000円というアホみたいな設定にしたのにもちゃんと理由がある。実際のこの本の制作費は4000円くらい。プラス僕のドローイング、プライスレス。あいや、今56000円の値打ちを自分でつけたわけだけど。

価格が高ければ素晴らしいもののように思える。ダイヤモンドだってどこでも500円で買えたら誰も欲しがらないと思う。デザイナーのスケッチ集という謎めいたものが売っている。そしてちょっと高い。そこに価値を付け加えるわけだ。

 

売れたら面白いな。誰か買ってくれないかな。

 

f:id:andy0330:20170530230017j:plain

広告を非表示にする