襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

googleの音声入力だけで書いた記事がこちらになります

今回は今まで行ったことのない手法でブログ書いてみようと思います。

どういうことかというと実はこの文章は google の音声入力の機能を使って執筆されています。 つまり僕は一切キーボードに触れることなくただひたすら、だらだらしゃべることによってこの文章を入力しているということです。

 

まだ全然やり方に慣れていないので自然な文章にはならないかもしれないんですけどおいおい工夫しながらかけたらなーと思っています。またこの文章を書く段階で一度もキーボードに触れていませんただこのやり方だと句読点を入力することができないので後から「、」「。」だけは入力する必要があるのでそこだけ手直ししてからはてなブログに入れようと思っています。どうしてこの方法でブログを書こうと思ったかと言うと、単純にやり方としてもしこの文章の入力が可能であればキーボードに触れ必要がないので別にパソコン立ち上げなくてもタブレットでもスマートフォンでも長い文章を打つことが可能になるという点においてはすごい大きなアドバンテージだなと感じたのが一番の大きなポイントと、

あともう一つはキーボードで文字を打った時と口語調でしゃべって文字を入力した時だと文章にどのくらいの違いが発生するのか内容に差異が出るのかということについて僕は大きな興味を持っているのでそこについてもブログを書く上で検証できるのかなと考えました。

ただどうしても今はまだこの音声入力に慣れていないので不自然な文章になっているところは仕方がないと思います。

 

実際いま自分の部屋で一人で空うを眺めながらひたすらに意味のない言葉喋り続ける自分というものをなんとなく観察しながら気持ち悪いなーと思っているんですけど、実際ここまで喋ってきてかなりの文章が出来上がっていることに我ながらを取られています驚いたと言えば一番驚いたのはこの google 音声入力機能が僕の普通のしゃべるスピードについてきてるということですね。もっと老人が老人に話しかけるみたいにゆっくり喋らないと認識してくれないんじゃないかという心配がありましたがそんな心配は全然必要なくいつも友達と話しているくらいのスピード喋り続けてもこの文章が出来上がっていくの本当にすごいと思いました 。

 

後は現代人の傾向として執筆用の文章を読むよりも口語調の文章を例えばラノベだったりとか携帯小説のように普通に人が喋っているようなものをそのまま文章になってこんな形で書かれた文章の方がひょっとしたら読みやすいというのはあるのかもしれなって僕は普段当然キーボードで文字を打っているので文字を書くための文章で皆さんとこの文章を読んでいることになるんですけど今回初めて僕が喋った言葉をそのまま読むという体験を今していらっしゃると思うんですけどちょっとしたらそっちの方が読みやすい人たくさんいるかもしれないですね。僕の憶測では結構若い人の方が保護鳥を読みやすくて大人の方の方が飲食形が整っている方が読みやすいというに感じるではないかと勝手な仮説があるんですけどこれは書いていかないとわからないですね。先ほど書いた通り、というか、言った通り、こうやって文章書くのが初めてなので、

僕がこの音声入力によって文章を書くのに慣れてきたらどういう文章になるとかっていうのすごい興味深いと思います。

 

 

一人で喋るのも寂しくなってきたので今回はこの辺で 終わろうと思います。

おしまい