襟を立てた少年

生きるのが楽しくて楽しくて仕方がない人へ

村上春樹が走る理由

 

村上春樹は誰でも知ってる世界的に有名な小説家だけど、優秀なマラソンランナーでもあるという話は知っている人と知らない人がいる。

 

 

しかも、「小説を書いていると運動不足になるから」といってランニングするような甘っちょろさではなく、トライアスロンも走るしウルトラマラソン(100km)も走ったことがあると言うから驚きだ。

 

 

その時の様子は「走ることについて語るときに僕の語ること」と言うエッセイで垣間見ることができる。

 

 

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

 

 

 

 

走ることと文章を書くことは似ている。と思う。わりと強く思う。

 

 

 

 

他に似ていることといえば、泳ぐことや自転車に乗ることも似ているし、山に登ることや写真を撮ることも似ていると思う。

 

それは極めて自己完結的で個人的な作業だ。

基本的に孤独で、誰かに非難されることも賞賛されることもない。

 

ただ、自分のためだけに黙々と続ける。

そういう作業が僕は好きだ。

 

僕もランニングが好きで、今年の2月にハーフマラソンに出場したけれど、走り続けているうちに他のことが気にならなくなっていって、ただ走るという行為に没入していく自分にある時点で気がつく。

 

その時は神経が研ぎ澄まされていて、心臓の音と呼吸のリズムだけが聞こえてくる。

そういう時に僕は一番「生きてる」感じがする。

 

 

ある意味それは哲学的で思索的な作業で、僕にとっては一番有意義で贅沢な時間の使い方だと思っている。

あ、村上春樹が走る理由は知らない。

 

 

 

 

 

 

おしまい