襟を立てた少年

まだ間に合う 世界は素晴らしい

月曜日に新しい服は着ていかない

 

 

 

 

休日出勤した日曜日の夜の、買い物がはかどる恐ろしさよ。

 

「休み返上で頑張ったんだからお洋服買うくらい許されてもいいはずだろ!」

という自分の中のデモ隊が列をなして抗議している。

 

 

最近は洋服をソラマチで買う。

ソラマチはすごい。だいたいなんでも揃う。

具体的にはアーバンリサーチとABCマート

FREDPERRYとZARAが同じフロアにあるのが良い。

 

それで最後にロフトとsmithをくるっとまわればなんとなく「仕事のストレス」と「お買い物による発散」の収支がちょうどペイされて「まあ..ハッピーかな」くらいまで償却できる。

 

 

それで今日、新しいパンツを買ったんだけど(パンツって下着って意味じゃなくてズボン?って意味なんだけど、パンツって表現して大丈夫なのかしら?)もう、さっそく会社に履いていきたいわけだ。

 

でもちょっと待って。月曜日は履いていけない!

 

 

 

月曜日に新しい服を着ていったら「あー日曜日に買ったんだな」って思われる!

 

 

日曜日に服を買って、浮かれてさっそく翌日に着てきたって思われる!

考えすぎかもしれないけど自分ならそう思っちゃう!それが嫌なので僕はいつも日曜日に新しい服を買ったときは火曜日に着ていくことにしている。

 

GWとか年末年始とかの長期休暇が終わって、久しぶりにみんなが会社に出勤するとみんな「今までそんな服持ってたっけ?」って服着てきてて、なんかおニューコーデの見せあいっこみたいになってちょっと照れ臭い。

 

僕はあたかも長期休暇なんてなかったような顔をしていつも通りの格好をして(でも新しい服は買っている)、1週間くらいしてほとぼりが冷めたら(なんの?)おニューの服を着て出勤している。

 

 

そんなことを続けてなんの意味があるの?

意味なんてない。僕はただ、人が恥ずかしいと思うことをあまり恥ずかしいと思わず、人が恥ずかしいと思わないことを恥ずかしがる傾向があるだけなんだ。

 

 

 

 

 

全然関係ないしどうでもいいけど女の子の「今度飲みに行きましょうよ」って、

外国人からのビジネスメールの文末についている「Best Regards」くらいの意味しかないよね。

 

 

 

 

おしまい