襟を立てた少年

まだ間に合う 世界は素晴らしい

ブログを書く

 

このブログとは別で、自転車チームのブログを書いている。

大学時代の仲間が元になってつくった自転車サークルのようなもので、要は日記形式でその日走ったコースや面白かったことについて綴る日誌だ。

 

同じブログなのに、書く時の心持ちは全く違う。

このブログは自由だ。ただ僕が書きたいことを書いている。

自転車チームのブログはすでに起きたことをレポートするという役目がある。

つまりピアノでいうとクラシックだ。となるとこのブログはさしずめジャズなのだろうか?

 

 

起こった出来事は変えられないけれど、その表現方法は僕に委ねられている。

書くことは決まっている...。その制限がむしろ描写をより自由にさせるのかもしれない。

 

このブログを書く時はいつも、本当はどうしたらいいのかわからない。

色々な邪念がある。こうしたらもっと拡散されるんじゃないかとか、こういうこと書いた方が人気が出るんじゃないかとか。それをうまい具合に振り切って、自分の頭の中のものを捉えて、捕まえてきた新鮮な蝶を標本にするみたいに丁寧に閉じ込める。そのプロセスが僕のブログ活動なんだと思う。