襟を立てた少年

まだ間に合う 世界は素晴らしい

未来がやってきても

 

f:id:andy0330:20151114175928j:plain

 

 

最近はIRだのARだの、VRだのiPSだの

ドローンだの自動運転だの

ずいぶんと未来感を醸し出してきているけれど

 

 

2018年になっても電車で酔っ払いは吐くし

来週の天気はわからないし

相変わらず人はいつか死ぬ

 

 

どんどん文明が発達して

おまけにそれが加速しているものだから

僕たちは一体どこへ連れて行かれてしまうのだろうかと

不安になることもあるけれど

 

きっとこの先どれだけ未来になっても

やはり僕たちはケータイをトイレに置き忘れるし

人の陰口に傷つくし

恋をするのだろうと思う。

 

 

そういう「なあんだ」感が僕は結構好きで

結局ベースの人間っていうのは全然進化しないっていうのは

ある意味救いなのかなと思うようにしている

 

 

 

おしまい