襟を立てた少年

まだ間に合う 世界は素晴らしい

図鑑ブーム到来

f:id:andy0330:20181016213911j:plain

 

 

 

 

 

図鑑ブーム?

 

 

最近「図鑑」を書店でよく見かけるようになった気がする。

 

 

 

以前は書店の図鑑といえば入学シーズンに

平積みされる植物図鑑や昆虫図鑑くらいしか思い浮かばなかったものだけれど

最近だと「元素図鑑」とか「リアルサイズ古生物図鑑」とか「ビジネスモデル2.0図鑑」とか「経済学大図鑑」なんてのもある。

 

 

図鑑の強み

 

そういう有様を見て「図鑑なんて要所だけをまとめた便利本なんて読んでも何も得られはしない。哲学図鑑を読んでソクラテスがわかるか?ニーチェがわかるか?きちんと原書を読まない事には意味なんてないのだ」などと一蹴するのはあまりにも簡単だが、

 

哲学について何の知識もない人間がいきなり哲学書の原書を読むのは到底不可能であり、入門書とか、知識学問のためのロードマップのような気持ちで図鑑を買い求めるのも良い事だし、そういうことができる流行がある事に僕は喜びを感じている。

 

 

図鑑っていいよね。

積ん読じゃないけど、持っているだけで自分がパワーアップしたような気分になる。

例えば花の図鑑を持っていれば、別に読んでいなかったとしても「こっちはいつでも花の名前を調べることができるんだからな」と強気な気分になることができる。

ちょっと本意とは逸れるけどニュートンも口にした「巨人の肩に乗る」という言葉通り、僕たちは全部を一から考えてみる必要はなくて、先人の発見した叡智・知識を学び蓄える事で本来自分が見るよりずっと高くからの景色(巨人の肩)と出会うことができる。

 

 

最近ではネットが発達したとはいえ、その情報の信憑性については個人に判断が委ねられている。特にwikipediaなんてものは調べれば調べるほどにアテにならず、最近はなるべく見ないように心がけている(総じて文字がつらつらと密集している情報の塊のようなものに人は知性を感じ、信じてしまうものなのかもしれない)

 

図鑑であれば最新のものを購入すれば情報は常に新しく、さらに出どころが明瞭で責任者が名前を出しており責任の所在が明らかである。匿名による意図的な情報の介入や悪意のある情報の編纂がないのだ。

 

さらにその情報が一貫して整理されていて、索引もついていて見やすい。

本は物体であるため重くて持ち歩きには適さないが、一番の優位性は「パラパラ読める」ことだと思う。

 

観光のような図鑑

 

僕はこれを便意的に「観光的」と呼んでいるのだけれど、行き当たりばったりに偶然出会う事に価値を見出すことができるのは図鑑ならではの強みだろう。

一つの花について調べて見たら次のページの花も綺麗で、そうして読み進んでいるうちに数ページ読み込んでしまったーというような経験をしたことのある人は存外多いのではないか。

 

 

つまりは図鑑は「調べるためのツール」として用意するのではなく、「綺麗な写真がついている分厚い読み物」として購入した方がハードルが下がると思う。

 

 

 

....とこのくらいの記事を書いておけば

自分に対して新しい図鑑を買う言い訳ができたような気がする。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

世界で一番美しい元素図鑑

世界で一番美しい元素図鑑

 

 

 

古生物のサイズが実感できる!  リアルサイズ古生物図鑑 古生代編

古生物のサイズが実感できる! リアルサイズ古生物図鑑 古生代編